-- / -- / -- ( -- )
沖縄料理レシピ「うりずん」

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。




--:--:-- | スポンサー広告 | page top↑
スーチカー(豚の塩漬け)の手軽な作り方
2015 / 07 / 10 ( Fri )
沖縄料理レシピ「うりずん」

スーチカーは、沖縄の伝統的な保存食で、豚肉の塩漬けです。
簡単に作れて、色々な料理にも使えるので、ベーコンのような便利な食材です。

スーチカーの作り方
スーチカー,作り方,沖縄、料理
1)豚三枚肉(バラ肉)の塊を用意します。本土ではスライスしたものが多いと思いますが、大型スーパーやお肉屋さんに行けば手に入るでしょう。

スーチカー,作り方,沖縄、料理
2)まな板の水気をとり、キッチンペーパーを敷きます。
3)その上に豚三枚肉を乗せ、粗塩をまぶし、擦り込んでいきます。裏返し全体に擦り込みます。

スーチカー,作り方,沖縄、料理
4)塩を擦り込んだら、キッチンペーパーでくるみます。

スーチカー,作り方,沖縄、料理
5)タッパー等に入れ、冷蔵庫で3〜4日間寝かせます。塩味の好みで寝かす期間を調整します。

スーチカー,作り方,沖縄、料理
6)冷蔵庫から取り出したら、キッチンペーパーを取り除き、鍋に入れ、あくを取りながら30〜40分ほど煮ます。
7)火を止め、冷めたら完成です。冷蔵庫でしばらく保存できます。

※食べる時には軽く火に炙り、シークワーサーやレモンをかけて食べると酒の肴として美味しいです。
※塩をまぶす際に胡椒や唐辛子、クミンなどの香辛料をまぶすとスパイシーなスーチカーになります。


お手軽なスーチカーレトルト
スーチカー,レトルト,通販,取り寄せスーチカー
スーチカーは、豚三枚肉(バラ肉)を塩漬けにした沖縄の保存食です。
脂を落としているのでベーコンよりもあっさりしています。
レモンやシークワーサーを添えて、泡盛やビールの友にどうぞ。






17:36:47 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
料理集まとめてみました。
2013 / 12 / 19 ( Thu )
沖縄料理レシピ「うりずん」

沖縄,琉球,料理iBook Authorをインストールしましたので、試しに過去の料理記事から、とりあえず琉球料理版を作成してみました。
まだまだ内容には不備な点が多々ありますが、今後、記事内容や機能を調整しながらヴァージョンアップをしていきます。
各々ダウンロードしてご利用いただけます。
無料配布です。


琉球伝統料理iBook判(Macintosh、iPad用)

琉球伝統料理PDF判(一般用)





テーマ:ご当地名物 - ジャンル:グルメ

11:37:39 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ヒージャー汁(山羊汁)
2009 / 05 / 21 ( Thu )
沖縄料理レシピ「うりずん」

沖縄料理の中でも好き嫌いがはっきりと分かれる料理、山羊料理です。
山羊は沖縄ではヒージャーと呼ばれ、豚同様あらゆる部分が食べられています。
ただ、日常の料理というわけでなく、祝い事などハレの日に出される料理です。

ヒージャー汁(山羊汁)
山羊汁,ヒージャー汁

山羊は独特の匂いがします。マトン肉をさらに強くした匂いです。
でも、山羊好きの人からすると、この匂いが癖になるそうです。
ヒージャー汁ですが、これも店により味付けがいろいろです。
レトルトも販売されていて、こちらは匂いがまろやかで、山羊料理初心者の方にもお勧めです。
よもぎなどを入れると結構美味しく、癖になりそうです。


ヒージャー汁(山羊汁)の取り寄せはこちら。
ヒージャー汁(山羊汁)





テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

11:37:46 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
よもぎそば
2008 / 09 / 28 ( Sun )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 沖縄そばにはフーチバー、一般にいうところのよもぎです。
 よもぎはさわやかな味わいになるだけでなく、栄養面も優れている薬味です。
 よもぎは本土では主に草餅などに少し入れるか、もぐさで使用する程度ですが、沖縄ではきざみネギのように薬味として、そばや汁物に入れます。しかも好きな人はバンバン入れます。

よもぎそば

 よもぎは先端部分はそのままちぎって、軸の太い部分は葉だけをちぎっていれます。
 私自身はしばらくそばスープに漬けてから、少ししなっとなったのが好きです。


よもぎ、沖縄そばの取り寄せはこちら。
よもぎ
沖縄そば





テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

20:06:22 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(7) | page top↑
中味汁
2008 / 04 / 08 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 沖縄の伝統料理の一つ中味汁です。
 中味汁は、豚の内臓を丁寧に下ごしらえし、あっさりと炊き込んだスープです。ようはモツスープです。モツ鍋などはどちらかと言えばこってりしていますが、中味汁は塩もみや小麦粉もみ、熱湯処理などを行い、余分な脂分を取り除いているので、とてもあっさりとしています。

 中味汁は下ごしらえに手間暇かかる料理ですが、今ではお手軽にレトルトパックが出ています。レトルトとはいえ、ちゃんと作っているので結構おいしいです。フーチバーなど散らすととても美味しいです。

中味汁
中味汁

 レトルトの中味汁はお湯で暖めるだけの簡単料理です。薬味にフーチバーを入れると彩りも味も美味しいです。
 ちゃんとした作り方は、後日掲載しましょう。ただ本土ではなかなか豚の内臓を手に入れるのが難しいかもしれませんね。沖縄では下ごしらえした状態でスーパーで普通に売っているのですが。。。


中味汁の取り寄せはこちら。
中味汁





テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

22:25:13 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イナムドゥチ
2007 / 12 / 15 ( Sat )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 今回は沖縄の伝統料理イナムドゥチです。
 イナはイノシシ、ムドゥチはもどきという意味です。昔はイノシシの肉を使っていましたが、今はイノシシの代わりに豚肉が使われています。
 祝い事の料理の一品として作られます。また、カステラかまぼこは、沖縄独特の高級かまぼこで、行事料理には欠かせない食材です。

イナムドゥチ
いなむどぅち


イナムドゥチレシピ

材料:
 豚三枚肉       200g
 干しシイタケ     3枚
 こんにゃく      150g
 厚揚げ        100g
 カステラかまぼこ   100g
 豚だし        2カップ半
 カツオだし      2カップ半
 白味噌(甘口)    100g

1)下ごしらえ
 鍋に水をたっぷりと入れ、三枚肉を入れて中火にかける。お湯が沸騰したら弱火にし、アクを取りながら1時間ほどゆでる。圧力釜で30分ほど煮てもよい。三枚肉に竹串がすっと入るぐらいになれば、お湯から取り出す。他の材料も同様に切り、こんにゃくはゆでてあく抜きをしておきます。
2)煮込み
 鍋に干しシイタケ、こんにゃく、厚揚げとだしを入れ煮立てます。10分ほど煮込んだらかまぼこと白味噌を加え、味を調えます。


レトルトのイナムドゥチの取り寄せはこちら。
いなむどぅち





テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

19:38:12 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
てびち煮付け
2007 / 11 / 27 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 てびちとは豚足のことです。豚足は脂っこいイメージがありますが、沖縄では下ごしらえをして余分な脂肪を落とした豚足を、じっくりと煮込みます。
 てびちはコラーゲンたっぷりで美容によく、その味わいも、少し甘味があり、トロッとして美味しいですよ。
 今回の写真は、手軽にレトルトのてびち煮付けを使い、旬のシカクマメを和えてみました。レトルトとはいえ、贈答用にもなる高級レトルトなので、しっかりと下ごしらえをして、じっくり煮込んでいるので柔らかく、だしの味がしみ込んでいます。それでいててびちのプルプルとした食感が残っているので美味しいです。

 なお、一般的なてびち煮付けのレシピを掲載します。

てびち煮付け
テビチ


てびち煮付けレシピ

材料:
 豚足     1,500g
 昆布(乾)  50g
 大根     600g
 調味料(カツオだし適量、塩小さじ1杯半、しょうゆ小さじ半)

1)下ごしらえ
 豚足はお湯で洗い、6cmぐらいの長さの輪切りにします。大根は大きく切り、昆布は水に戻し結び昆布を作ります。
2)煮込み
 鍋に豚足と水を10~12カップ入れて沸騰するまで強火にします。沸騰したら弱火にし、あくを取りながら2時間ほど煮込みます。柔らかくなったら大根、昆布、塩を小さじ1杯だけ入れてさらに煮込みます。
3)仕上げ
 豚足が煮えて身が肉からはずれるくらいになったら、カツオだしを入れ、しょうゆ、塩で味を調え仕上げます。


ご家庭で簡単!レトルトのテビチの煮付けの取り寄せはこちら。
テビチの煮付け





テーマ:レシピ大集合! - ジャンル:グルメ

20:29:17 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(3) | page top↑
ナーベラーンブシー
2007 / 10 / 02 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 ナーベラーとはへちまンブシー味噌煮ということです。つまりへちま味噌煮ですね。内地ではへちまを食べることはないでしょうが、ここ沖縄ではゴーヤーと並ぶ、夏のメジャーな野菜です。もちろんタワシにするような筋張った大きなものは食べませんというか食べれません。花が咲いて2週間ほどの長さ20cm前後のものを使います。また、筋があまり出ない品種を栽培しています。このへちまの開花には光の影響が大きく、月の光でも反応してしまうので、収穫のタイミングがどの畑でも重なってしまいます。だから、店頭に並ぶ量が極端に変わります。

ナーベラーンブシー

沖縄料理レシピ、ナーベラーンブシー


ナーベラーンブシーレシピ

材料(2人前):
 へちま    1本(200g)
 三枚肉    50g
 島豆腐    半丁(木綿豆腐でも可)
 味噌     大さじ2~3杯

1)三枚肉の下ごしらえ
 三枚肉をラフテーの時と同じように、弱火で1時間ほど煮ます。
 煮汁を冷まし、ラードと煮汁を取っておき、調理に用います。
 ゆであがった三枚肉を食べやすい適当な大きさに切っておきます。

2)へちまの下ごしらえ
 へちまのへたを取り、皮は固いので薄緑色が残る程度に取り除きます(軽く一枚そぐ程度です)。

3)煮込み
 鍋に三枚肉を煮たときにでたラードを入れ、豚肉、へちまを炒めます。へちまに火が通り水分が出てきたら、三枚肉を煮た煮汁を入れ10分ほど煮込みます。
弱火にして、味噌、豆腐を加え、さらに20~30分ほど、へちまが柔らかくなるまで煮込みます。

※ポイント
へちまは煮込むとトロトロのゼリー状になります。
へちまはあまり臭い等がありません。少しカツオだしを入れると味が濃くなり美味しいです。





テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

21:00:20 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
アーサー汁
2007 / 09 / 27 ( Thu )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 今回は、沖縄の海藻アーサーを使ったスープです。
 アーサーは、一般にあおさと呼ばれる海藻です。春(2~4月)に海岸で採れます。この時期には生のアーサーが出回っています。それ以外の季節は乾燥させたアーサーが販売されています。
 このアーサーはとてもいい香りして美味しい海草です。アーサー汁は簡単に作れる沖縄の家庭料理です。

アーサー汁

アーサー汁


アーサー汁レシピ

材料(2人前):
 アーサー    1つまみ
 豆腐      100g
 調味料(昆布だし少々、薄口しょうゆ大さじ1)

1)準備
 アーサーを10分ほど水に入れ戻します(生アーサーなら水洗いします)。
 豆腐は小さく角切りにします。

2)炊く
 鍋に水2カップ入れ、中火で沸騰したら、豆腐、出汁を入れ、あくを取りながら少し煮ます。アーサーを入れて完成です。

※最後に白ごまをふるとさらに美味しくなります。
 アーサーは少しに見えても、水を含むとかなり量が増えます。





テーマ:簡単レシピ - ジャンル:グルメ

13:48:39 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
ンジャナバスーネー
2007 / 09 / 25 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 ンジャナはあまり聞き慣れない名前ですが、沖縄では「ン」で始まる名前が割とあります。ンジャナニガナ(苦菜)ともいい、キク科の葉野菜です。
 ニガナという名の通り、苦みがある野菜なのですが、その苦みが食欲をそそる沖縄の島野菜です。魚汁やイカスミ汁にも合いますし、今回のように豆腐の白和えにしたンジャナバスーネーは沖縄の伝統のある料理です。

ンジャナバスーネー

沖縄料理レシピ、ンジャナバスーネー


ンジャナバスーネーレシピ

材料:
 ンジャナ   200g
 島豆腐    200g(木綿豆腐250g)
 白ごま    少々
 ごま油    小さじ2杯半
 みりん    小さじ2杯
 調味料    塩(少々)、しょうゆ(少々)

 
1)下ごしらえ
 ンジャナを細切りにして、水に何回かさらしてあくをぬき、ざるに入れ水気を切っておきます。
 豆腐は水切りをし、ふきんで堅くしぼっておきます。

2)和え衣
 すり鉢に豆腐を入れて軽くすり混ぜた後、白ごま、みりん、ごま油、調味料を入れてすり混ぜます。

3)仕上げ
 和え衣にンジャナを入れ、ンジャナに和え衣が絡まったら完成です。





テーマ:野菜 - ジャンル:グルメ

21:08:36 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(2) | page top↑
豚の中身汁
2007 / 09 / 21 ( Fri )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 今回は沖縄の伝統料理です。
 豚肉の内臓を使った料理ですが、味は意外とさっぱりしています。
 下ごしらえにはとても手間暇かかりますが、その分、とても美味しい料理です。
 沖縄では祝い事の席にもだされます。

豚の中身汁

中身汁


豚の中身汁レシピ

材料:
 中身(豚の大腸、小腸、胃袋など) 300g
 干しシイタケ           3枚
 豚肉               50g
 こんにゃく            50g
 豚だし              2カップ半
 カツオだし            2カップ半
 塩                小さじ2杯
 しょうゆ             小さじ1杯
 おろしショウガ          適量

1)中身の下ごしえ
 中身は塩でもんでぬめりを取ってよく洗います。
 さらに小麦粉でもみ洗いを2~3回繰り返します(洗いながら脂を取り除く)。
 別鍋に中身とたっぷりの水(おからを加えると臭みがとれて白く仕上がる)を入れて約3時間ぐらい柔らかくなるまで中火で煮ます(途中で2~3回ゆでこぼしをしながら洗う)。
 煮上がったら、中身を5~6cmぐらいの食べやすい大きさに切っておきます。

2)材料の下ごしらえ
 シイタケ、豚肉は千切りにし、こんにゃくは短冊切りにします。

3)煮込み
 鍋にだしを煮立て、材料を加え塩、しょうゆで味をつけます。
 仕上げにおろしショウガを加えます。


とてもあっさりしているので、飲んだ後や二日酔いの時にいいお汁です。





テーマ:ばんごはん - ジャンル:グルメ

23:23:10 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
軟骨ソーキ汁
2007 / 09 / 17 ( Mon )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 今回は琉球料理のソーキ汁です。軟骨ソーキを使っているので、とろとろになります。ソーキとは豚のあばら肉のことです。沖縄そば屋に行くと、ソーキそばというメニューがありますが、この煮込んだソーキが入っています。三枚肉(バラ肉)よりも身がしまっていて味わいもいいので人気があります。
 写真はちょっと煮込みすぎで、ソーキが崩れてしまっていますが、味がしみ込んで美味しいですよ。

軟骨ソーキ汁

ソーキ汁


軟骨ソーキ汁レシピ

材料(4人分):
 豚軟骨ソーキ(あばら肉)   800g
 水              8カップ
 昆布(乾)          50g
 大根             600g
 にんじん           300g
 厚揚げ            200g
 こんにゃく          100g
 調味料(塩小さじ1杯半、しょうゆ小さじ2、カツオだし4g)

1)下ごしらえ
 豚の軟骨ソーキは適当な大きさに切って湯洗いし、余分な脂を処理します。大根とにんじん、厚揚げは大ぶりに切り、昆布は水で戻し結び昆布にします。

2)煮込み
 軟骨ソーキと分量の水を鍋に入れて強火にかけ、沸騰したらあくをとり弱火にします。煮立てないように1時間ほど煮ます。途中でカツオだし、大根、にんじん、厚揚げ、こんにゃく、昆布を加えて味付けをし、さらに30分ほど煮ます。途中で何度もあくと脂をすくい取ります。肉が骨から外れるくらいまで煮れば完成です。

ポイント
・夏には大根の代わりにシブイ(冬瓜)を入れると美味しいです。
・煮込みながら脂を十分にすくい取るのが美味しく作るコツです。





テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

20:59:04 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
沖縄炊込ご飯ジューシー
2007 / 08 / 28 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 沖縄の炊き込みご飯ジューシーです。ジューシーが内地のかやくご飯と違うところは、出汁に豚出汁を使っています。豚の脂分で味がまろやかになります。

ジューシー

ジューシー


ジューシーレシピ

材料(4人分):
 お米       3合
 豚ミンチ     200g
 山菜ミックス   1袋
 ひじき      100g
 調味料(塩小さじ1杯、薄口しょうゆ大さじ1杯、ラード大さじ1杯)

1)準備
 お米をとぎ、水切りした山菜ミックス、ひじき、豚ミンチを入れ、水を規定量入れます。
 塩、薄口しょうゆ、ラードを入れ、炊飯スイッチを入れます。

2)完成
 炊きあがれば、全体を軽くかき混ぜて完成です。
 好みでフーチバー(よもぎ)、きざみネギなどを振りかけます。

※通常、山菜ミックスは入れませんが、入れた方が美味しいですよ。
 山菜ミックスを入れないときは、にんじんを入れてください。





テーマ:+おうちでごはん+ - ジャンル:グルメ

22:36:28 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(1) | page top↑
ラフテー
2007 / 08 / 03 ( Fri )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 ラフテーは豚の三枚肉を泡盛としょうゆで煮込んだ琉球料理です。一見、脂っこそうですが、事前にしっかりと脂を抜くので、それほどひつこくはありません。しょうゆとカツオ出汁の味付けが、泡盛との相性も良く、酒の肴としても上等です。もちろんビールにもあいます。

ラフテー

ラフテー


ラフテーレシピ

材料:
 豚三枚肉   約500g
 カツオ節   適量(カツオパック2袋)
 泡盛     2カップ
 クコの実   好みで
 調味料    しょうゆ、砂糖(1/3~1/2カップ)

1)三枚肉の下ごしらえ
 鍋に水をたっぷりと入れ、三枚肉を入れて中火にかけます。
 お湯が沸騰したら弱火にし、アクを取りながら1時間ほどゆでます(圧力釜なら30分ほど煮ます)。
 三枚肉に竹串がすっと入るぐらいになれば、お湯から取り出します。
 このときのゆで汁は冷えると脂(ラード)と水に分離するので脂は炒め物に、ゆで汁はそばやスープに使えます。
 ただし、痛みやすいので早めにご使用ください。

2)煮込み
 三枚肉を3~4cmに切り分け、鍋に入れ、泡盛、しょうゆ(大さじ2~3杯)、クコを加え弱火で、1時間ほど落としぶたをして煮込みます。
 落としぶたを取り除き、カツオ節としょうゆを加え、さらに30分ほど煮込んで味をしみ込ませます。
 焦げ付かないように鍋を揺すりながら煮込みます。
 煮汁が少しになれば、皿に盛って完成です。

※できあがる直前に片栗粉を少し水で溶いて入れると汁にとろみがつき、熱いご飯の上にのせて食べると美味しいですよ。

※手抜き料理法
・もともと宮廷料理なので手間暇がかかります。圧力鍋を使うと時間の短縮ができます。ただし、脂はしっかりと抜いておかないと、脂っぽい料理になってしまいます。

※ポイント
・脂はしっかりと抜く。
・ショウガや島とうがらしを少し入れると味がしまって美味しい。
・泡盛が無い場合には、米焼酎を代用する。





テーマ:ご当地グルメ - ジャンル:グルメ

23:01:15 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
イカスミ汁
2007 / 07 / 24 ( Tue )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 イカの墨が入った真っ黒の汁です。食べると歯や唇、下などが真っ黒になりますが、味のコクがあるので人気の汁です。イカ墨はクリとも呼ばれ、イカ墨の入ったボロボロジューシー(雑炊)はクリジューシーとも呼ばれています。

イカスミ汁

イカスミ汁


イカスミ汁レシピ

材料(4人分):
 あおりいか     500g
 豚肉(赤身)    200g
 フーチバー      50g
 昆布(乾)      40g
 カツオだし     7カップ
 塩         小さじ2杯
 イカ墨       2袋

1)下ごしらえ
 イカは墨の袋をつぶさないように足とわたを取り出して洗います。薄皮をはいで洗い、長さ5cmぐらいの短冊切りにします。
 豚肉は一口大の薄切りにします。
 フーチバーは葉をつみ取ります。
 昆布は水で戻して結び昆布にします。

2)煮込み
 鍋にいか、豚肉を重ね、だしを加えて火にかけます。
 煮立ったらあくをとり、弱火にして一時間ほど煮込みます。
 煮汁が半分ぐらいになったら、昆布を加え少し煮込み、イカ墨を入れて塩で味を調えます。
 最後にフーチバーを乗せて完成です。

ンジャナ(にがな)を入れても美味しいです。鍋にかけるときに一番下に敷きます。





テーマ:これは美味い!! - ジャンル:グルメ

21:47:28 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
ちんびん(沖縄クレープ)
2007 / 07 / 15 ( Sun )
沖縄料理レシピ「うりずん」

 沖縄のお菓子といえば、ちんすこうやサーターアンダギーが有名で、ちんびんはあまり知られていませんが、その味はクレープのように、しっとりとして、ほのかに黒糖のフレーバーが香り、それらに負けない美味しいお菓子です。お菓子というより今風に沖縄スイーツといった方が合うかもしれませんね。
 とはいえ、もともとは旧暦の5月4日(ユッカヌヒー)に子供の成長と無病息災を祈るために仏壇にお供えしたお菓子です。
 ちんびんミックスを使うと簡単に家庭で楽しめます。

ちんびんレシピ

ちんびん


材料:
 ちんびんミックス   350g
 水          350~400cc
 サラダ油       適量

1)ちんびんミックスに水350~400ccとサラダ油大さじ1杯を加え、泡立器で粉気がなくなるまでかるく混ぜ合わせ生地を作ります。

2)フライパンを火にかけ、サラダ油をうすくしき、中火くらいの火加減で、玉杓子八分目くらいの生地を流し入れ、丸く平らに焼きのばします。

3)生地の表面にプツプツと穴ができ、表面が乾いてきたら裏返して軽く焼き上げます

4)手前からくるくるとゆるやかに巻いていきます。

沖縄伝統スイーツの完成です。
好みにより、ハチミツやレモン汁をかけてください。

くるくる巻くときに少し冷やしてから、パイナップルやマンゴーなどのフルーツや、アイスクリームを入れると、さらに美味しくなります。





テーマ:スイーツ - ジャンル:グルメ

21:24:00 | ・琉球伝統料理レシピ | トラックバック(0) | コメント(0) | page top↑
| ホーム |
沖縄食材の定番ポーク缶。色々アソートでお安くお届け!
ポーク缶アソート
★1缶当たり330円!
ポーク卵やチャンプルーの定番ポーク缶です。
色々あるポーク缶を6缶アソートでお安くご提供!
フライパンで少し焼いて食べると美味しいですよ。


沖縄定番料理 タコライスの素。
タコライスの素
沖縄ランチの定番B級料理タコライスです。
スパイシーな美味しいタコライスがご家庭でいただけます。
★お買得661円→498円!


トロットロの美味しさ 軟骨そーき
軟骨そーき
コラーゲンたっぷりの美味しい軟骨ソーキが、温めるだけで簡単にご家庭でいただけます。
トロットロの軟骨がまったりとして、じつに美味しいですよ。


豚肉の美味しさ味わい 沖縄の伝統料理
らふてぃ
琉球料理のラフテーが暖めるだけで、ご家庭で簡単にいただけます。
余分な脂分を落としているので、意外とあっさりしている豚の三枚肉がトロッとして美味しいですよ。


南国気分のギフト
琉球ガラスのロックグラスと紅型柄コースター ペアギフトセット
琉球ガラスの人気の青色、紅色のグラスと紅型柄コースターをセットにしました。贈答用にどうぞ。
驚きと笑顔が浮かびそうなグラスセットです。
ラッピング、のし紙、メッセージカードサービスもございます。


南国のプチギフト
琉球ガラス,グラス,ギフト太陽のたるグラスと紅型柄コースターギフトセット
人気の太陽のたるグラスと紅型柄のコースターとセットにしました。
情熱的な赤色のグラスと、色とりどりの絵柄のコースターで、夜が楽しくなりそうなセットです。


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。